島土産&特産品

工房風花(かざはな) / 西表島東部に2019年オープンの窯元へGO!

沖縄西表島に、焼き物の工房があることをご存じですか?

これまで西表島島内の窯元は、西部に2か所でしたが、2019年11月に新しく東部にも「工房 風花(かざはな)」がオープンしました。

工房風花ってどんなお店?

どんな焼き物を売ってるの?

西表島の新しい特産品を生み出している、工房風花についてご紹介します!

かわいい焼き物がたくさんあるので、お土産にも最適ですよ!

西表島の工房風花はどこ?アクセスや基本情報

大原港がある西表島の東部にオープンした工房風花。

基本情報がこちらです。

店名工房風花(こうぼうかざはな)
定休日不定休
営業時間要確認
住所竹富町字南風見仲屋敷7-60
アクセス大富共同売店から北、車で約3分
支払方法現金
URLインスタグラム

(※こちらの地図はだいたいの場所です。)

アクセス詳細

近年土地を拓いたエリアのためか、まだGoogleマップでは住所が表示されません。

大富共同売店から、車で少しの場所に位置しています。

大富共同売店
大富共同売店ってどんなお店?営業時間やアクセスも今回は、西表島東部、大富(おおとみ)という集落にある共同売店についてご紹介します。初めて大富共同売店を知った人が疑問に思いがちなこと、共同売店って何?地元の人以外も買い物していいの?大富共同売店には何が売ってる?といった点について、詳しくお伝えしていきます!...

行き方としては、大原港から西へ県道215号線を進み、県道沿いに大富共同売店を見つけたら左折

そのまままっすぐ進み、道路のつきあたり、ふたまたの道を右へ。

その道の先もつきあたりを右折すると、こちらの写真のような建物が見え、ここが「工房風花」です。

分からなそうであれば、大富共同売店でも行き方を教えてもらえますよ!

工房への訪問

工房風花は、陶芸家の中里ゆきさんがお一人で営んでいる工房。

とっても気さくな方で、ゆきさんが工房にいらっしゃるときは、工房併設のギャラリーで焼き物を購入することが可能です。

タイミングが良ければ、もしかするとゆきさんの作業を見たり、直接話を聴けたりするかもしれません。

僕たちのときは運よく、工房の誕生秘話や、焼き物のお話などいろいろと教えていただけました。

西表島の工房風花ってどんなお店?

陶芸家の中里ゆきさんが営む工房風花。

ぜひ一度訪れてみてほしい素敵なポイントがたくさんありました!

敷地から建物まで手作り!

工房風花は、なんと土地を平らにならすところから手作りなのだそう!

もともと西表島を何度も訪れては、大富のある農家さんの畑仕事をお手伝いされていたゆきさん。

ゆきさんが西表島で工房を開くとなって、その農家さんやご近所の方々がたくさん手を貸してくださったそうです。

お庭の芝も、ゆきさんが1つずつ植えられたとのこと。すごい!!

基礎工事も地元の方の力で。

建物の壁は、ブロックを1つ1つ積み上げて作られました。

扉を大工さんにお願いした以外は、プロの手が入っていないというから驚きです。

プロに頼まなくても家を建てれちゃうって、すごすぎますよね!!

ゆきさんと地域の方々が力を合わせて完成した工房風花。

晴れてオープンとなった窯開きの日には、地元の方がたくさん訪れてお祝いされました。

沖縄で6年修行した陶芸家さん

工房風花を営む陶芸家の中里ゆきさんは、西表島で工房を開く前は、沖縄本島で6年間、焼き物の修業をされていました。

焼き物への熱意や想いが伝わってきます。

ひとつひとつ手作りされている焼き物。

沖縄の手法では、二度焼きはせず、一度焼きだけで仕上げるのだそうです。

つまり、上の写真のお皿はまだ焼きを入れる前で、水の中に浸しておいて置いたら粘土に戻ってしまうんです!

こんなにキレイに形作られていても、まだ土の状態なんですね。びっくり!

焼きにもこだわり!薪に近い灯油窯

ご厚意で窯も見せてくださいました。

これからどんどん作った作品を入れていくところの、灯油窯。

温度管理や調整がしやすい電気やガスの釜もあるそうなのですが、工房風花ではあえて灯油窯を選ばれました。

薪で焼くのに近い、独特の美しい風合いを出すためだそうです。

温度や酸素の混ぜ具合などによって、出来上がる焼き物の発色や模様に違いが出るのだとか。

ひとつとして同じものがない、一点物の作品なんですね。やっぱりこだわりがカッコイイ..!

西表島の工房風花で出会えるステキな作品

工房風花でゆきさんが想いを込めて作られている作品を、少しご紹介します。

工房内ギャラリー

工房風花の中に、ギャラリースペースが設けてあります。

こんな風に、やさしく温かみある焼き物がいっぱい!

おちょこや湯呑、コーヒーカップ、小皿にお茶碗など。

かわいい一輪挿しもありました!

ラックも趣があっておしゃれですね。

商品の種類

一部だけですが、工房風花のかわいい焼き物をさらに詳しくご紹介です。

色々な柄がかわいくて、ランダムに買いたくなる小皿。

取り皿に使いやすそうな、すてきな中皿。

私たちが今回ゲットした、かわいい楊枝入れ。

よそったお米がよりおいしくなりそうな、ごはん茶碗。

味のあるマグカップ。

淹れるドリンクによって、カップの色合いを選ぶのも楽しいですね!

工房風花の作品、どこで買える?販売店は?

工房風花の作品は、現時点では下記の場所で購入できます。

これから販売店が増えていくと思うので、判明したら更新していきますね!

ちなみに品揃えからいうと、やはり工房風花が一番です。

ステキな焼き物を選びに、ぜひ工房風花を訪問されてみてはいかがでしょうか。

▼西表島東部には、黒糖工場もあります▼

黒糖表紙
西表島産黒糖の特徴や栄養成分は?製造工場もご紹介!黒糖といえば、沖縄の特産品の代表格。多くの島々で製造されており、西表島もそのひとつです。ジャングルに培われた栄養満点の土壌から育つサトウキビから作られる西表島の黒糖は、知る人ぞ知る名品です。今回は、そんな西表島産黒糖の特徴について、深堀りしてご紹介します。...

マングローブ柄がかわいい!西部の西表焼青烽窯

西表焼青烽窯
西表焼青烽窯(せいほうがま)/マングローブ柄とブルーの焼き物がお土産に最適! こんにちは、西表島旅行歴8年で移住したよせーです。 西表島西部にある西表焼青烽窯(いりおもてやき せいほうがま)は、西表島土産に...
\釣り番組の見放題/ 釣りビジョンVOD
14日間の無料視聴はコチラ
\釣り番組見放題/ 釣りビジョンVOD
14日間無料視聴はコチラ