西表島ぐらし

離島なのに、西表島、ほとんど魚売ってません?!

魚ひょうし

西表島に移住してきて、私たち夫婦が釣り好きということを知っている友人から、

「釣りしてる~?」

「魚いっぱい食べれてるんじゃない?いいな~♬」

といった連絡をもらうことが多々あります。

実は、移住後の生活と仕事に慣れたり、地域行事に参加したりと忙しくしていて、釣りはまだ陸っぱりから数回しか出来ておらず。。

せめて、新鮮なお魚をたくさん食べたいなと思っているのですが、こちらに引っ越してきて気づいたことがあります。

それは...。

西表島、全然お魚売ってない!!

うそでしょ?!って私も思いました!

びっくりじゃありませんか?!

どこのお店を探しても、お魚一匹たりとも置いてないんです。

過去、八重山諸島や西表島には何度も釣り旅行に来ていて、南国のお魚をたくさん釣り上げていたので、魚がいないはずはありません。

それなのに、西表島のお店にお魚コーナーはなく、ときどき見つけるのが、プラスチックパックに詰め込まれたマグロ?マンボウ?のお刺身盛り合わせ。

このお刺身盛り合わせ以外を見かけたことがないんです。。。

そして、お魚屋さんもない。。。

旅行ではたくさん釣っていたので、まさかお魚が売っていないとは、思ってもいませんでした。

西表島に移住してきて、衝撃ニュースの1つです。

大阪であんなにお魚たくさん食べていたのに、まさか西表島で全然食べられないとは...。

魚が食ーべーたーいー!!

お魚はたくさん獲れるはずなのに、なんで売ってないんだろう?

その理由を調べてみたところ、大きく2つの理由が見つかりました。

理由① 西表島には市場がない。

西表島には、漁業組合も市場もありません

つまり、「魚を流通させる」という概念もシステムもありません。

毎朝、漁から魚があがってきて市場で競りがあって...という光景は西表島では見られないんです。

競りがなければ、毎日安定して魚をお店に並べることは難しい。

だって、その日誰が魚を獲りに行っていたのか、誰にも分からないから。

漁師がいないわけじゃない。

漁港だって一か所だけあります。

西表島の西部、祖納港(正式には西表港)といって、業務用の製氷機もある漁港。

実は、高速船の行きかう港や他の港も、登録上は漁港ではなくって。だから観光用の船が多く係留されています。

漁港の場合は、漁船以外の係留には申請と許可が必要。現在、その漁港に該当する港は、西表島では西表港のみということです。

・・・っと、余談でした。笑

とにかく、魚を獲る人はいるし、漁港もある。

けれど漁業組合や市場はない。

これが、西表島で魚が売っていない1つ目の理由でした。

理由② 西表島ではそもそも、魚は自分で獲って食べるもの

よせー釣果

なぜ市場がないのか?という疑問にも通じるところ。

そもそも西表島に住んできた人たちにとって、魚は買うものではなく、自分で釣ってきて食べるものでした。

気温も湿度も年中高い南の島で、物流や保冷設備も整備されていなかったと考えると納得です。

自分と家族が食べられる分だけ釣ってきて、残りは海に還す。

ちょっと多く釣った時は、友達やご近所におすそ分け

そうやって、必要な時に必要な分だけ自然の恩恵にあずかって、南国特有の気候の中でうまく暮らしてきたんだと思います。

過去は今より物々交換が盛んだったでしょうし、「売る」という考えが出てこなかったのでしょう。

観光地化が進み、農家や漁師ではないサービス業に携わる人が増えてきて初めて、「魚が売ってない」ことが顕在化したんだろうなと思います。

では、どうやって西表島で魚を手に入れる?

お店で魚を売っていない西表島で、魚を手に入れる方法は、以下です~!

  1. 釣りの腕を上げる
  2. 定期的に船釣りに連れていってくれる知り合いを作る
  3. 釣りの達人または釣り好きと仲良くなる(そして貰えることを期待)
  4. 労働の対価として、魚をもらう
  5. 地域の行事に参加して、魚料理をご馳走になる

どれが一番有効でしょうねぇ。笑

ちなみに最近の私たちはというと、「3. 釣り好きとお知り合い」と「4. 労働の対価」で魚を頂くことが出来ました。

このサイトの一番初めに載せた写真の5匹は、私が肉体労働をして得た貴重なお魚たちです!

フエフキダイ、アカジン、あと、、何だっけ?

大きいお魚じゃなかったので、お刺身にするのは大変だったようですが。

あきひこが捌いてくれて、とっても美味しく頂きました!

お魚をくださった方にも感謝感謝。

これからも魚をゲットし続けるために、色々なチャレンジ(?)をしていきたいと思います。笑

西表島釣り日誌 ~初船釣り編~ 西表島に移住してから、引っ越し後の部屋の整理や仕事に慣れるのにいっぱいいっぱい。 あきひことのお休みもあまり合わないため、残念な...