創作 島料理

西表島の貝を食べたい!八重山にもアサリはあるの?食べれるの?

西表島のアサリ

こんにちは、夫婦で西表島に移住したよせーです。

突然ですが、貝は好きですか?

日本最大のマングローブを誇る西表島は、干潟の面積も広く、非常に多くの種類の生き物が生息しています。

貝類もそのひとつ。

でも西表島で採れる貝を使った料理は、お店のメニューに上がることが少ないので、食べたことがない方も多いかもしれません。

そこで今回は、本州で一般的な「アサリ」が西表島にもあるのか大調査!

西表島の「アサリ」についてご紹介します。

西表島の貝、アサリはアサリじゃないけどアサリなの?

まずは本州で一般的なアサリについて、簡単に復習です。

本州で一般的なアサリ

アサリといえば、焦げ茶色~黒色のまだら模様が入ったこんな二枚貝を思い浮かべますよね。

名称アサリ(浅蜊)
分類二枚貝綱 … アサリ属
分布北海道~九州、朝鮮半島、台湾、フィリピンなど
生息地砂泥底
サイズ3~4cm(大きいものは6cmほど)
3~5月、9~10月

貝の殻は厚さが薄めで、外側の模様が中から透けて見えるくらい。

お味噌汁や酒蒸しで食べたりしますね。

西表島のアサリ

一方、西表島で採ってきた「アサリ」がこちらです。

まず見た目が明らかに、本州のアサリと異なります。

貝殻の色合いが明るい!黄色や緑色の模様も見られますね!

そして模様や色合いが似ているようで似ていないので、「どれも同じ貝なのかな?」と疑問が湧いてきたのではないでしょうか。

それもそのはず!

西表島で「アサリ」と呼んでいる貝は、二枚貝全般のこと。

正式にはアサリではなく、「アラスジケマンガイ」や「ヒメイナミガイ」、「ヤエヤマスダレ」などなど別の種類なんです。

◆アラスジケマンガイ

分類二枚貝綱 … ホソスジイナミガイ属
分布奄美大島以南、インド洋
生息地海水生
サイズ4~5cm

貝殻に緑や黄色の色合いがある貝が、アラスジケマンガイ。

放射状に入っている筋が通常のケマンガイより強いために、アラスジ(荒筋)ケマンガイという名称になりました。

西表島の二枚貝の中で1番よく見る種類です。

◆ヒメイナミガイ

(※ヒメイナミガイ=右下の二枚貝)

分類二枚貝綱 … ホソスジイナミガイ属
分布房総半島以南
生息地海水生
サイズ約3cm

ペンでひっかいたような柄の二枚貝が、ヒメイナミガイ。

こちらの貝は、沖縄だけでなく、本州でも房総半島より南で見られますが、「アサリ」と分類するのは沖縄だけみたいです。

◆ヤエヤマスダレ

分類二枚貝綱 … スダレハマグリ属
分布奄美諸島以南
生息地海水生
サイズ約4cm
(情報なし)

ヤエヤマスダレの特徴は2つ。

膨らみが強いのと、縦の筋よりも同心円状の筋が目立つ貝です。

ここに挙げた以外も含めて、沖縄では二枚貝全体が「アサリ」と呼ばれています。

そして、私たちが気づいた西表島のアサリの大きな特徴が1つ。

それは、「貝殻が分厚くて、めちゃくちゃ重い」ということです!

本州のアサリの何倍もの重量感があります。

貝を1つ、お皿から少し持ち上げて落とすだけで、お皿にヒビが入ってしまうのでは?!と思ったほどでした!

西表島で貝を食べたい!アサリを使った料理メニュー

では、お待たせしました。

西表島の「アサリ」は食べれるのかどうか?

答えは、、、食べられます!

ということで、本州のアサリを食べるのと同じように、西表島のアサリで代表的な2品を作ってみました。

ちなみに、今回の「アサリ」は、ほぼアラスジケマンガイでした。

アサリの酒蒸し

貝殻ばかりのように見えますか?

私たちも初めて食べたときに驚いたのですが、西表島のアサリは、貝殻がめちゃくちゃ重い割に、中身はちょこっと。

あまり食べ応えがないのです。笑

とはいえ、味はやっぱりアサリ味!

アサリの香りがふんわり広がって、優しい旨みです。

材料
  • アサリ
  • 鷹の爪
  • ネギ
  • 泡盛
作り方
  1. アサリを塩水につけて砂抜きする(3日ほど)
  2. アサリの殻についている泥をブラシで落とす
  3. フライパンにネギ以外全て投入!
  4. 蓋をして磯の香りがするまで蒸し焼き
  5. お皿に盛って刻んだネギをかければ、出来上がり!

調理自体はすごく簡単ですよ。

▼使った石垣島産の泡盛はこちら▼

ボンゴレ・ビアンコ

最もベーシック、シンプルなボンゴレビアンコと、

沖縄の島野菜、オオタニワタリを入れたボンゴレビアンコの2パターンで。

ボンゴレ・ビアンコとは、二枚貝を使ったパスタメニュー、イタリア料理のことです。

こちらも貝殻のボリュームが半端ないのですが、優しい磯の香りで想像するより上品な味わい。

本州のアサリと比べると、ちょっと優しすぎるのかも?笑

材料
  • アサリ
  • ニンニク
  • 鷹の爪
  • 長命草
  • ネギ
  • パスタ
  • オリーブオイル
作り方
  1. アサリを塩水につけて砂抜きする(3日ほど)
  2. アサリの殻についている泥をブラシで落とす
  3. オリーブオイルとニンニクをフライパンに入れ、香りが移るまでじっくり弱火
  4. ③に鷹の爪を入れて、辛みを移す
  5. ④にアサリ、長命草、泡盛を入れて強火にして蓋をする
  6. パスタを茹で始める
  7. ⑤から磯の香りがしてきたら弱火にする
  8. ⑦のフライパンをゆすってソースを乳化
  9. ⑧に茹でたパスタを投入して、ソースを吸わせる
  10. 塩加減を調整して、刻みネギをかけたら完成!

2パターン目のは、アク抜き済みのオオタニワタリをパスタと同時にソースに入れて絡めて作りました。

オオタニワタリは、実は絶滅危惧種の野菜です/

オオタニワタリ表紙
絶滅危惧の沖縄島野菜、オオタニワタリを食してみた 早速ですが、オオタニワタリという植物をご存知ですか? オオタニワタリは、沖縄独特の食用シダ植物。 日本本州ではほぼ食べられ...

おいしいけど殻の重量感が半端ない!西表島のアサリ

今回は、西表島のアサリ事情をお伝えしました。

「アサリ」といっても本州のアサリとは全く異なる種類の二枚貝。

これらをアサリと呼ぶのも、面白いですね。

採るのに手間がかかるので、なかなかお店で見かけませんが、もし見かけた場合にはチェックしてみていただけたらと思います。

▼西表島には、日本最大のシジミもいます▼

シレナシジミっておいしい?日本一大きいシジミを実際に食べてみた沖縄の八重山諸島に生息しているシジミは、なんと手のひら満杯サイズ!10センチ超えのシジミが八重山諸島にいるんです。今回はそんな日本一の巨大シジミ、「シレナシジミ」についてお届けします。食べれるの?味おいしい?実際に食べてみた感想のレポートもしているので、ぜひ最後まで読んでもらえたら嬉しいです。...

▼西表島の絶品カマイ料理▼

イノシシ食べ方表紙
イノシシ肉の食べ方は?西表島のおいしいカマイ料理をご紹介 最近ドラマでも取り上げられたりして、話題再沸騰のジビエ料理。 その代表格ともいえるイノシシ肉の、おいしい食べ方はご存知ですか? ...
\釣り番組の見放題/ 釣りビジョンVOD
14日間の無料視聴はコチラ
\釣り番組見放題/ 釣りビジョンVOD
14日間無料視聴はコチラ