GoToEatポイントのテイクアウト利用は年末まで! >>

西表島移住で車を持ち込む・輸送する方法は?現地購入とどっちがいい?詳しく解説!

西表島への車持ち込み
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!夫婦で西表島に移住したよせーです。

西表島は空港のない沖縄離島ながら、車社会。

移住を決めていざ西表島で車が必要!となったとき、

「西表島で車を入手する一番いい方法は?」

「自分の車を西表島に持ち込める?」

「西表島への車の輸送手段は?」

というように、どうやって入手できるのか・どうやって持ち込めるのか非常に気になりますよね。

私たちも西表島に移住を決めてから、車入手をどうしたらいいのか悩んだ経験があります。

今回はそんな西表島ならではの車の入手・輸送事情を詳しくご紹介!

移住時の参考にしていただけたら嬉しいです。

島内交通手段はこちらの記事内をチェック

ジャンプできる!目次はこちら

西表島は車が必要!持ち込む?輸送?現地購入?

西表島は、空港のある石垣島から高速船で約40~50分のところにある離島です。

面積は沖縄県の中で本島に次いで第2の大きさ。

島の面積の9割をジャングルが占めていますが、島内路線バスは1日4本のみのため、生活するには車が欠かせません。

陸も空も繋がっていない西表島で車を入手する方法として、次の4つの方法があります。

西表島で車を入手する方法
  • 西表島島民から譲ってもらう(買い取る)
  • 本州で使っていた車を持ち込む
  • 石垣島で購入する
  • 本州で購入して西表島に輸送する

「西表島島民から譲ってもらう」方法は、移住前から西表島に知り合いがいる方におすすな方法ですが、タイミングが難しいのが難点です。

島民の方が車を手放すタイミングで譲ってもらうことになるので、自分がほしい(必要な)タイミングと上手く合うのかがポイント!

僕たちの場合は、ちょうど入れ違いで島を離れる方と知り合いだったので、運よく譲ってもらうことができました。

西表島島内に車の販売店はないので、島内で譲ってもらう場合以外は、島外で調達し持ち込む(輸送する)ことになります。

その場合、おすすめなのは、

  1. 本州で使っていた車を持ち込む
  2. 本州で購入して西表島に輸送する
  3. 石垣島で購入する

という順番です。

石垣島での購入のおすすめ順位が低い!?

そうなんです。

西表島に長く住んでいる方に聞いても、車を石垣島で購入する方法の順位は低め。

なぜかというと、

  • 軽自動車が安くない
  • 選べる種類が少ない
  • (中古の場合)塩害や浸水などどれくらい進んでいるか心配がある

というような理由が挙げられました。

そもそも西表島に引っ越してきて慣れない中、石垣島に何度も通って車を探すのも一苦労。

既に所有している車を西表島に持ち込んだり、土地勘のある地域で車を購入して輸送するほうが、移住後スムーズに生活を始められるように思います。

西表島に車を持ち込む方法!輸送パターンは2種類

本州から西表島に車を輸送するとなった場合、輸送パターンは次の2種類です。

  1. セルフ車両輸送
  2. 代行運転付き車両輸送

セルフ車両輸送とは、その名の通り、自分で車を運転して最寄りの港まで持ち込む方法。

引っ越し側の港で引き取り、自宅まで自分で運転します。

対して、代行運転付き車両輸送は、引っ越し前の自宅に業者の方が車を取りに来てくれる方法。

引越先の新居まで車を届けてくれる場合もありますが、西表島の場合は港止めの可能性が高いです。

どこからどこまでが輸送サービスかは業者次第!

業者によっては、石垣港までのサービスしかない懸念もあるので、どこまで輸送可能なのか注意が必要です。

また、代行運転サービスは業者によって対応していなかったり、引っ越し繁忙期には不可となったりするケースがあります。

予約する前にしっかり確認しておきたいですね!

西表島へ車輸送!対応業者と費用相場は?

西表島に車を輸送しよう!となったら、どんな業者がいくらくらいで対応してくれるのかが重要ですよね。

特に費用は、とても気になるところ。

とはいえ、輸送費は輸送を依頼する時期・車種・区間・船代(燃料費)によって変動があります

そのため今回は、この記事を書いた2020年11月のタイミングでの費用でご紹介していきます。

実際には輸送希望のタイミングで業者に確認して、比較してみてくださいね!

現時点で本州から西表島まで車両輸送してくれる業者は、次のような会社が見つかりました。

アイランデクス

対応輸送パターンセルフ、運転代行
引き渡し港西表島(上原港・大原港)
引き渡し方法港渡し
補償船便輸送中の傷、凹み補償あり
支払方法銀行振込

日本各地から沖縄のさまざまな島への車両輸送サービスを取り扱っているアイランデクス。

ホームページには主な港の持ち込み場所・引き取り場所の住所や地図、時間帯まで詳しく書かれていて、知りたい情報がすぐ分かる安心感があります。

料金の例としては、軽自動車のセルフ車両輸送の場合、10万円ほどでした。

東京有明港→西表島上原港:104,000円

(※WEB割適用後。2020年11月時点)

大原港の場合は、上原港の料金よりも7,000円ほど安くなるようです。

沖縄トータルロジスティクス

対応輸送パターンセルフ、運転代行
引き渡し港西表島(上原港・大原港)
引き渡し方法港渡し
補償車両補償規定あり
支払方法クレジットカード、銀行振込

日本各地から主に沖縄本島までの車両輸送を行っているのが、沖縄トータルロジスティクス。

依頼ベースで沖縄の島しょ部へも見積り可能とのことです。

ただ残念ながら、ホームページでは西表島までの料金は確認できませんでした。

東京→那覇:67,000円
+那覇→石垣:57,000円
+石垣→西表:要問合せ

さすが、那覇までの料金はお得ですね!

西表島までの費用は、前述のアイランデクスより割高になります。

クロネコヤマト

対応輸送パターン運転代行(キャリアカー輸送)
引き渡し港要確認
引き渡し方法港渡し
補償車両補償規定あり
支払方法銀行振込

引っ越し大手としては、クロネコヤマトのヤマトホームコンビニエンスで車両輸送サービスがありました。

ただ、セルフ輸送ではなく主に専用キャリアカーで輸送することから、料金は割高。

大手の安心感はあるものの、費用はお財布に厳しくなりそうです。

インターネットでは、沖縄県までの料金検索ができました。

東京→沖縄県:136,510円
+島しょ部までの別料金

また、沖縄本島から島しょ部までの輸送はそもそも対応できないこともあるようなので、問合せ時は注意して確認することが重要です。

どの業者も時期によっても変わる可能性があります。西表島まで輸送してくれるか、念入りに確認するようにしてくださいね!

補足:石垣島→西表島のセルフ輸送

ちなみに、石垣島から西表島までは、高速船ではなく貨客船なら車を運ぶことができます。

対応している船会社は、安永観光と八重山観光フェリーの2社です。

費用は、軽自動車で14,250円~(2020年11月安栄観光)。

もし石垣島で車を購入したり、業者の輸送が石垣島までだったりで、石垣島から自分で運ぶとなった場合には、上記サイトをチェックされてくださいね。

西表島への車輸送、車内に荷物を積んでもいいの?

西表島など沖縄へ車を運ぶ場合、よく耳にするのが「車に荷物を積んで運べば、引っ越し代を節約できる」というもの。

しかし実は、2019年以降、フェリー運航業者の規定が厳しくなっていて「車内を空にした状態」にしなくてはならなくなりました。

離島にはフェリー等に載せて運びますが、運搬会社の規定により「車内を空にした状態」にしなければなりません。荷物や貴重品が同乗しているお車は、乗船をお断りされる可能性がありますので、荷物や貴重品はあらかじめ運び出しておきましょう。

※トランク、ドアのサイドポケット、ダッシュボード内、取り外し式カーナビゲーションなども対象となりますのでご注意ください。

アイランデクスHPより

実際には、荷物がしっかり固定されていて、フェリーの運航に支障がない程度であれば見逃されているケースもあるようです。

でも船会社や荷役業者がNGと判断すれば、輸送してもらえなくなってしまうので、ルールに従って荷物は搭載しないほうがいいでしょう。

過去に輸送したことがある人に「荷物を積んで送ったらいいよ」と言われても、今は注意してくださいね。

西表島でおすすめな車は、ずばり軽自動車!

西表島の生活におすすめな車種は、ずばり、軽自動車です。

意外でしたか?

西表島での仕事に大きな車が必要という場合を除けば、普通に生活するには軽自動車で十分です。

その理由は次の通り。

  • 集落内の細い道で小回りが利きやすい
  • 一人一台車を所有するケースが多い
  • 高速道路がない
  • 長距離移動が少ない
  • スピードを出す必要がない

普段の島生活では、車のパワーはあまり必要ないんです。

もちろん、家電など大きなものを運ぶ必要があるときには、軽自動車では足りません。

でもそんなときは軽トラックを持っている島の方の力を借りるなど、対処できる方法があります。

なのであくまで島内の日常生活でどの大きさの車が必要か、という視点から車種を選んで大丈夫です。

西表島は車社会!移住前に持ち込み・輸送方法を確認しよう

車社会の沖縄離島、西表島。

空も陸も繋がっていない西表島なので、輸送してくれる業者はどうしても限られてしまいます。

移住前に条件や費用をしっかり確認して、あとから困った!ということのないようにできたら一番ですよね。

上記情報が少しでも役に立ったら幸いです。

西表島のガソリンスタンド事情を詳しくチェック

知っておきたい!西表島の廃車事情と補助金有無

西表島への移住準備まとめはこちら!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ジャンプできる!目次はこちら
閉じる