GoToEatポイントのテイクアウト利用は年末まで! >>

カフェリコ / 西表島の古民家カフェ!子どもも畳でまったりできる

カフェリコ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

沖縄西表島の西部に、古民家カフェ「カフェリコ」がオープン!

意外に島には古民家カフェが多くないので、行かずにはいられなくなって早速お邪魔してきました。

「カフェリコ」は干立集落でダイビングサービスをされているトネリコさんが営むカフェ。

ご主人がリノベーションされた古民家は、どこか懐かしい雰囲気で居心地の良さ満点です。

実際、子ども連れにも赤ちゃん連れにも嬉しいカフェでした!

詳しくご紹介していきますね。

ジャンプできる!目次はこちら

西表島のカフェリコってどんなカフェ?

西表島の西部、干立集落で2021年に新オープンした古民家カフェ「カフェリコ」。

地域の方から「子ども連れでも大丈夫よ~」と聞いていたので、生後5か月の息子を連れて行ってきました。

結果、評判通り0歳児連れでもまったりできちゃった!

もちろん、おとなだけでものんびり過ごせる居心地の良さです。

カフェリコの主な魅力をピックアップ!

子連れに嬉しい!畳でまったりできる

普段幼い子どもがいると、狭いベビーカーでのお世話やイスにじっと座っていられないだろう懸念が頭をよぎって、カフェに行きたくてもなかなか行けなかったりしますよね。

でもカフェリコは、畳でくつろげるカフェ。

畳では寝転んでOKなので、子どもがまだ小さくても気兼ねなく訪れられます。

私たちも滞在中、息子をゴロンとさせてもらっていました。

おかげで出産後初めてカフェでのんびりできて嬉しかったです!

西表島西部では珍しい古民家カフェ

カフェリコの建物は、ご主人が古民家を大工さんとDIYリノベーションして作ったカフェ。

西表島西部地区で初の古民家カフェです。

柱や梁、壁やサッシなどいたるところに、伝統家屋の面影を感じます。

梁には建設当時に書かれたであろう文字もそのまま残っていました。

家屋に残る歴史を感じて、当時の暮らしに思いをはせながら一息つくのも贅沢な過ごし方ですよね。

赤ちゃんに助かる!お尻を洗えるシャワーあり

カフェリコには、ご主人が営むトネリコというダイビングショップのスペースも。

そのため、カフェらしからぬシャワー完備なんです。

シャワーはダイビング利用者だけでなく子どもも使用OKとのこと。

オムツ世代の乳幼児がお尻を汚してしまっても、サッと洗えて安心です。

ますます子連れのハードルが下がりますね!

自然を感じながらのんびり

カフェリコの縁側から見える風景はこんな感じ。

海が見えるわけではないですが、落ち着く雰囲気ですよね。

私たちが訪れた時は昼間でも静かで、自然を感じながらゆっくりできて良かったです。

民芸品やTシャツもあります

カフェリコのテーブル席の奥には、こんな物販コーナーも。

手作りの民芸品や西表土産にもなるTシャツなどがありました。

ドリンクなどを待つ間にチェックしてみてくださいね。

西表島カフェリコのメニュー

では、お待ちかね!カフェリコのドリンクメニューとおやつメニューをご紹介します。

2021年7月訪問時のものです。

ドリンクメニュー

ドリンクメニューはこんな感じ。

エスプレッソがあるところに、コーヒーへのこだわりを感じますね。

それもそのはず、カフェリコで使用のコーヒー豆はカフェリコで自家焙煎したもの。

コーヒー豆は焙煎後2日~1週間ほどのものが最も香り高く味わい深いんですよね。

だから、自家焙煎だとコーヒーをベストの状態で提供できるというわけ。

これはコーヒー好きにとってポイント高しです。

ハイビスカスティーやはぶ茶(蛇のほうではないみたい)もあるので、沖縄らしいドリンクが飲みたい方にも良さそうです。

おやつメニュー

カフェリコのおやつメニューは、焼菓子の種類がたくさん。

その日選べる焼菓子は、壁の黒板に書かれているので要チェックです。

西表島の暑い夏には、さっぱりかき氷も食べたくなりますよね~!

自家焙煎コーヒーを使ったコーヒーゼリーも人気みたいです。

カフェリコで味わったメニューと正直レビュー

私たちも自宅でエスプレッソを淹れたり自家焙煎してみたりするほどコーヒー好き!

なのですが、この日はとっても暑かったので暑さに負けてかき氷と酵素ジュースを頂いてきました。

◆かき氷(いちご味)

見た目とってもかわいい!いちごのかき氷。

シロップは、果実感たっぷりのいちごジャムで作られたもの。

別カップに淹れられていたのは練乳で、お好みで甘さ調節しながらかけられます。

いちごのつぶつぶや果肉がしっかり残ってる!

シャキシャキ氷と相性よく、プチ贅沢な気分になれるかき氷でした。

◆酵素ジュース(ターモ)

気になってオーダーしてみたのが、こちらの酵素ジュース。

この日の酵素ジュースは、ターモ(田芋)とバタフライピーから選べました。

味が想像できなかったのでターモを試してみることに!

カフェリコ特製の酵素シロップから作られたターモの酵素ジュースは、超微炭酸なジンジャーエールに近い感じ。

もっと芋芋してるかと勝手に想像していたので意外でした。

ほんのり優しい甘さで、すっきり飲める。

でも後味はやっぱり少しお芋っぽい、なかなか興味深いドリンクでしたよ!

酵素ドリンクは免疫力アップやデトックス効果もあるそう。体にうれしいですね~!

西表島カフェリコのアクセス、営業時間や定休日など

では、カフェリコの基本情報をお伝えしていきます。

店名カフェリコ
定休日不定休
営業時間だいたい13時半~16時
座席数テーブル1
子どもイスあり
住所竹富町字西表969
電話番号0980-85-7053
アクセス上原港から車で約13分
駐車場あり
支払方法現金、
タバコ不可
予約可否
送迎有無
URLInstagram

カフェリコは西表島西部、浦内川を越えたところの集落、干立に位置しています。

慣れないと道が少し分かりづらいかもなので、写真で詳しく説明していきますね!

アクセス詳細

西表島西部の玄関口、上原港から白浜方面へ県道215号線をひたすらまっすぐ。

浦内川にかかる橋を越えてなおしばらく走ると、右手側にENEOSの看板が見えてきます。

ENEOS看板の少し奥、「星立天然保護区域」という道路標識が示すほうに右斜めに逸れる道があるので、右折を。

こんな感じの2またを右ですよ~。

しばらくまっすぐ進みます。

右手側に干立公民館が見えてきますが、まだまっすぐ。

公民館を過ぎると、左手側に曲がり角が現れます。

こちらを左折!

少し行くと右手側に見えてくる白い屋根の建物が「カフェリコ」です!

ホテル星立西表島の斜め向かいなんですよ。

駐車は道の右側の空き地スペースへ。

カフェリコに到着です~!

干立集落の穏やかな雰囲気を感じながらたどり着けました。

来店前に電話確認がおすすめ!

カフェリコの定休日は不定休。

営業時間も「だいたい13時半~16時」という案内なので、確認してから訪れるほうが安心です。

せっかく行ったのに開いてなかった~と残念な想いをしないためにも、事前に電話してみてくださいね。

カフェリコに行ってよかった!ポイントまとめ

緑あふれる干立集落にオープンした古民家カフェ「カフェリコ」。

カフェリコに行ってよかった!主なポイントをまとめるとこんな感じです。

  • 自然に囲まれた古民家でリラックスできる
  • 畳で脚を伸ばしてのんびりまったり
  • 子どもも自由に寝転んで過ごせる
  • こだわりの手作りドリンクやおやつを楽しめる

小さい子どもがいても気兼ねなく入れるカフェをお探しのお父さんお母さんには、特におすすめ!

田舎のおじいちゃんおばあちゃん宅に来たような、木と畳のぬくもりが日頃の子育ての疲れを癒してくれるでしょう。

もちろん家族連れだけでなく、手脚を存分に伸ばしてリラックスしたい人にもうってつけのお店です。

絵画のような海の景色!ナナシカフェもおすすめ

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ジャンプできる!目次はこちら
閉じる