創作 島料理

1匹1万円?!ノコギリガザミって本当においしい?食べ方のおすすめは?

ノコギリガザミ

こんにちは、西表島に夫婦で移住した妻のほう、よせーです。

早速ですが、ノコギリガザミってご存知ですか?

とっても凛々しい姿のカニが、沖縄でもなかなか入手が大変な、高級食材のノコギリガザミです。

甲羅のギザギザが特徴的ですね!

お店で頼むと1匹1万円以上するというノコギリガザミ。

「価格が高いけど、実際どうなの??」

「本当においしい?」

「どうやって食べるといいの?」

というノコギリガザミに関する疑問にお答えします!

ノコギリガザミって何者?

沖縄に来たことのある方であれば、ノコギリガザミという名前は聞かれたことがあるのではと思います。

とはいえ、ノコギリガザミの詳細はあまり知られていないのでは??

食べる前に相手のことを知らなくては!と思い、調べてみたので、簡単にご紹介。

分類十脚目ワタリガニ科
別名マングローブガニ
種類アカテノコギリガザミ、アミメノコギリガザミ、トゲノコギリガザミ
分布相模湾以南、南西諸島、インド西太平洋、ハワイ諸島沿岸
生息地マングローブ地帯や河口、内湾

調べてみるとなんと!沖縄以外にも静岡や徳島、高知でも生息しているんですね。

てっきり沖縄にしかいないものかと思っていました !

ノコギリガザミの特徴は?

温かい地域に生息していることが分かったノコギリガザミ。

他に知っておきたい特徴はこんな感じです。

①はさむ握力が1トン超え!

ノコギリガザミの最大の特徴ともいえるのが、ハサミの強靭さです。

その凄まじい握力は、なんと、乾電池をもつぶせるほどとのこと!!

万一、ノコギリガザミを捕まえるとか、生きたノコギリガザミに触るようなときには、絶対にハサミに指を挟まれないようにしてください!!

上の写真は、絶命直後のガザミなので、ハサミをつかんでいても大丈夫です。

②ハサミが特大!

ノコギリガザミのハサミは、胴体に比べてやたら大きいのが特徴。

ハサミの最も太い部分は、なんと私の手首よりも太かった!びっくり~!

③冬が旬ではありません

普通、カニといえば冬の味覚ですよね。

でもノコギリガザミ、冬が旬ではないんです!

おいしいと言われる旬は夏~秋

他のカニと正反対でした。

ノコギリガザミのおいしい食べ方

カニ全般に言えることですが、茹でると茹で汁に旨みが逃げてしまいます。

焼く方法の場合は、おいしいのですが、焼いている間に水分が飛んで、しっとり感がなくなってしまう懸念が。

そこで最もおすすめな食べ方が、「蒸す」方法

カニ本来の旨み、甘味を逃さず、ふっくらもっちりとした食感も楽しめるベストな食べ方です。

ノコギリガザミをいざ調理!おいしく食べる注意点3つを解説!

実は調理の際に注意しないと、せっかくの高級食材がおいしく食べれなくなってしまいます!!

その注意点とは、以下。

  1. 生のノコギリガザミは、絶対に冷蔵保管しない
  2. ノコギリガザミをしめてから蒸す(氷じめ又は急所じめ)
  3. 蒸すときはひっくり返して蒸す

詳しく説明していきますね。

生ノコギリガザミの冷蔵は絶対NG!

カニ全体に言えることですが、ノコギリガザミは絶命直後から身の劣化が始まります。

生きていなければすぐさま、どんどん劣化が進んでいくので、そのまま冷蔵保管は絶対しないように気をつけてください。

生ノコギリガザミを冷蔵しても、熟成することなく、味が落ちていくのみです。

どうしても保管しておく必要がある場合には、冷蔵でなく冷凍するようにしましょう。

ノコギリガザミを生きたまま蒸さない!

新鮮さを保つために生きたまま保管していた場合も、いざ蒸す場合は、しめてから蒸すようにしてください。

しめ方は、氷じめ急所じめ

しめてから蒸さないと、ガザミが「自切(じせつ)」、つまり、足を自ら切り落としてしまうんです!!

こうなると、バラバラ殺人事件状態。(殺カニ?)

蒸しあがり蓋を開けたときに、非常に悲しい思いをすることになります。。

ノコギリガザミをひっくり返して蒸す!

理由は明白。

ひっくり返さないと、ノコギリガザミの旨み汁がすべて落ちてなくなってしまうからです。

お腹側には隙間がたくさんあるので、甲羅側を下に向けて、ガザミスープを失わないようにしましょう。

おすすめの食べ方!ノコギリガザミの姿蒸し

先の注意点をしっかり守り、調理完了!

ノコギリガザミの姿蒸しです。

材料
  • ノコギリガザミ(ワタリガニ)
  • にんにく
  • 鷹の爪
  • 泡盛
  • オリーブオイル
  • ハンダマやハーブ(好みに応じて)

今回あきひこ殿は、姿蒸しの後に、にんにく・鷹の爪・オリーブオイルでさらにソテーしました。

そのお味は・・・

めちゃウマ~~~♡

身がふわふわしっとりで、味は濃厚。

ほんのり塩味かかった、やさしく深みある甘味がたまらない!!

1匹まるまる、2人であっという間にたいらげてしまいました。

ノコギリガザミは、本当においしかった!

ということで、結論を。

高級食材ノコギリガザミは、評判のとおり、とってもおいしかったです。

噂は本当でした。

西表島で入手できるのはもちろん限られますが、もしラッキーなチャンスに恵まれたら、ぜひぜひ食べてみていただきたいです!

▼西表島で釣れた深海魚の紹介と食レポはこちら

深海魚タイトル
沖縄の深海で釣った魚は、はたしておいしいのか?沖縄の深海魚って食べたことありますか?深海で釣れた魚って、おいしいイメージはありますか?今回、3種類の深海魚をゲットしてきましたので、食してみたレポートをお伝えします!...

▼沖縄限定リュウキュウイノシシを食した記事はこちら

いのしし料理
あきひこ創作 島料理 vol.2 ~リュウキュウイノシシ編~ あきひこの創作島料理シリーズ、第2弾! 今回は、西表島でも高級食材な、あのお肉を頂きました!! 「あのお肉」とは... ...